ハブ

便利なひかり電話に切り替える│通信環境を変えるメリット

固定電話とその敷設

オペレーター

最近では個人宅に固定電話を設置せず、携帯電話のみを利用している家庭も多くなっている。携帯電話があることで、電話利用ができるため、固定電話利用の必要性が下がっていることが背景にある。また、携帯電話と固定電話の両方を維持するには、それぞれ基本料金などが必要になり、費用削減として固定電話を解約するという流れがある。固定電話を敷設する場合には、電話加入権が必要である。電話加入権は、数万円するなど高額であることが知られている。この電話加入権について、近年では需要が下がり、安い値段で購入できるケースが増えている。固定電話の初期導入費用を抑えるには、これらの安く購入できるサービスを利用することが手段としてある。

以前は、電話を引く際には電話加入権が必須となっていた。しかし、最近では電話加入権なしでも電話を敷設できるサービスが多くなっている。特に光回線を利用したインターネット網の整備により、インターネット回線を利用した電話サービスが主流になりつつある。光回線を用いた固定電話サービスでは、電話加入権は不要であり、インターネットサービスの申し込みと合わせて利用できる。また、通常の固定電話と比べても基本料金や通話料金が安く設定されていることなども特徴である。但し、光回線を用いた電話では停電時に利用できないなど緊急時に問題がある。これらを解消する方法として、月々の料金に一定料金上乗せされる形で電話利用できるサービスの利用が最適である。