ハブ

便利なひかり電話に切り替える│通信環境を変えるメリット

家に電話のない現代人

電話

固定から携帯へ

現代では固定電話を持たない若者が増えているそうです。なぜだかわかりますよね。そう、携帯電話の普及です。昔は好きな子の家に電話をして、緊張しながらその子の親に取り次いでもらうといった微笑ましい話もありましたが、なんと固定電話が家から姿を消してきているのです。固定電話ではもう一つ、FAXの送受信という機能もありましたが、それも今やメールに取って代わられ、固定電話の必要性がなくなってきたのかもしれません。しかし、固定電話の必要性が完全に消えたわけではありません。現在も会社などでFAXが残っていたり、固定電話がないというと、ローンが組めないことがあるそうです。携帯電話だけに頼っていると、少し不自由をする場面もありそうです。

「家の電話」という重要性

さらに、話を突き詰めていくと、例えば小学校、中学校の連絡網では固定電話の番号を載せることを強く推奨しています。携帯電話だと持っている本人しか出られませんが、固定電話だと家に誰かいれば電話に出ることができます。ほかにも、耳が遠かったり、小さいボタンが打ちづらいお年寄りには固定電話は必要です。着信音が聞き取りやすいようにできていて、ボタンも大きく、操作が簡単です。そして天災の時にも役立ちます。災害時、携帯電話で大勢の人々が連絡を取ろうとするため、携帯回線は非常につながりにくくなります。その点、固定電話では、携帯電話よりもつながりやすいので、とても頼りになります。このように、携帯電話が普及した今でこそ、「家の電話」の重要性に目を向けてみるのもいいかもしれません。